これは10月に書いた記事ですが、寒くなってきて

また必要になってきたので加筆修正してだしますね。

葛根湯を飲むタイミングっていつですか?と

よく聞かれることがあります

 

答え:できるだけ早く!!です

鼻水がでたり喉が痛いなと思ったらすぐです

鼻や喉が細菌たちと戦ってくれている間に

自分の免疫力を高めましょう!!

そのための葛根湯です

熱が出てしまってからでは遅いです

※熱を出すために飲むものものなので・・・

熱が出てしまったということは

体の中に細菌が侵入したという事!!

鼻や喉の第一関門を突破されたということなのです

なので、熱が出た場合は体が細菌と戦ってくれていると思って

あなたにできることはただひとつ!!

寝る!!

できるだけエネルギーを消耗させないようにして寝る!!

これだけです

葛根湯をもらいにわざわざ、病院にいくバカはいないと思いますが

※病院に行くぐらいなら市販薬の葛根湯を飲んで~

病院に行くのが、なぜだめなのかはこちらの記事をお読みなさい

葛根湯がなければ、葛湯(くずゆ)でもしょうが湯でも

体が温まる方法を取ってください

なので、一家にひと箱、葛根湯か

葛湯、生姜湯は常備しておきたいものです

あ、砂糖が入っている飲み物はやめてね、ちゃんと裏の食品表示を

ご覧になってからご購入下さい(笑)

砂糖が入っているものは解熱剤と同じです

体を冷やすのでやめてください

まさか、解熱剤とか痛みどめとか飲んでませんよね?

解熱剤も痛みどめも抗炎症剤も

せっかく体が細菌と戦うために熱をあげているのに

それを邪魔する行為なのでやめてくださいね

ってか、長引くだけだからそれでもよければ飲みなさい(笑)

 

私は痛くもかゆくもないわぁぁぁぁぁ!!!

 

この時期はこの手の記事を何度も繰り返して

ブログの常連さんには申し訳ないのですが(笑)

皆さんが早く病気との付き合い方を考えて、病気を治してくれること

そして自分の体と向き合ってくれることを切に願います

 

なぜこんなことを書いているのか私なりに考えました

私は看護師です。医者ではありません

病気を治すのは日本では医者の仕事となっています(法律上)

なので、私は直接皆さんの事を治せません

でも、本来は自分の体は誰が治すわけではなく自分で治せるのです

それを伝え続けることが私の役目だと思っています

こんな私の貴重なファンの為にも

少しでもみなさんにお役にたつ記事を

書き続けていこうと思っています(笑)

こんな私のお話を聞きたい方はぜひ聞きに来てください

 

鹿児島でリクエスト開催決定!!

リクエスト開催ぶっちゃけ看護師ゆかぷーのぶっちゃけお茶会@鹿児島

ぶっちゃけ看護師ゆかぷーのブログやネットでは言えない

あんなことやこんなこと・・・(笑)

本当はどうなの?医者の本音?医療のからくり?

もちろんあなたの聞きたい事にもお答えします

前回、福岡ではノンストップトークで2時間があっという間でしたが

今回は皆さんからの質問コーナーにも応じます(笑)

ご参加くださる方はイベントページからぽちっと

参加ボタンを押してくださいね

https://www.facebook.com/events/334058503845101/