他者目線って、どんな時でも大事

誰かの目を気にするということではなく

相手がいる事なら、

 

相手の立場になって考えてみる

ということ

 

今日は加治木講座の開校式でした

 

皆さんお住まいの地域の市町村が運営している

教育学習の一環です

 

生徒さんにはかなり格安の

(先生にはかなり痛手・・赤字覚悟です(笑)

講座が目白押し♪

 

今年も加音ホールでの講座開講が決まりました

 

私は「心と体を元気にするアロマテラピー」の予定です

他の講師の方々とちょっと

お話しする機会がありました

 

講座運営もですが、なんせお役所仕事なので

無駄が多い!!

効率が悪い!!

 

「今年は〇〇人の受講生を迎えて~」と

お話されましたが、掛け持ちしている生徒さんも多いので

そこを強調されてもね~年々受講生が減っているそうです・・。

 

さすがに運営も何かを感じていらっしゃるようで

講師の方々にアンケートを取りたいと

おっしゃられていました

 

アンケートには、言いたい事書いてみよう!!

時間の無駄、進行の無駄

もっと市民目線で!!

 

おっと!これはどこかで習ったことだぞ!!(笑)

他者目線って、どんな時でも大事

 

もっとより良い講座づくりをするためには

やはり生徒さん達の目線で考えて運営しなくては!!

 

さて、私も自分の宿題に取り掛かろう

他者目線、他者目線(笑)