痰の出し方の続き・・・

痰の出し方・・・補足

 

先日、「痰の出し方」という内容でブログを書きましたが

少し補足しておきますね

効果的な痰の出し方教えます

 

 

ブログの中で温めると痰が出やすくなると書きましたが

それはお風呂に入ったり、食事をしても同じことです

なので、食事後に痰が出やすくなり、

咳をして食事を嘔吐してしまうこともあります

入浴後に咳が出るからと入浴を嫌うご高齢の方もいます

 

それがわかると、食事や入浴の前に

きちんと痰を出しておくことが必要になりますよね。

 

痰は体から出さなければいけない物なので、

体は咳という反射を使って体の外に出そうとします。

咳は苦しいけれど止めてしまうと

本来,体の外に出さなければいけないものが

出せなくなるということです

 

なぜ、咳が出るのかを考えないといけません。

冷たい空気での刺激で喉や気管が狭まるからなのか?

逆に気管が広がりすぎることで咳が出る場合もあります

原因が何かをきちんと考えないと、

対応が真逆になってしまうことがありますよね

 

鼻がしっかりと機能していれば、

喉が無防備になることはありません

では、なぜ鼻が機能しなくなるのか?

考えてみてくださいね

 

体はすべて繋がっているのです。

咳というひとつの事だけに目を向けることなく全体を見て、

対応してほしいと思います

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です