看護師時代の失敗を語ると語りきれないが・・・

だいたい失敗をあまり覚えていない方なので

自分の失敗よりも後輩や同僚の失敗を覚えていることも多い(笑)

 

看護師の仕事って患者さんありきの実力主義で

本や教科書に書いている事だけでは絶対に前にすすめない

私は経験ありきだと思っている(もちろん基礎はちゃんと学んでからだけど)

最近は国家試験でさえ、勉強ありきだから国家試験受かっても

使えない(失礼!)看護師もたくさんいる

実習も恐る恐るで、何一つ前に進めていない学生も多かったりする

ちょっと叱ると泣きだすし、(叱り方も問題かもしれないが)

だから看護学校の先生からあまり叱らないでくださいと言われる

たしかに子供と同じで感情で叱っても学生には響かない

現場の看護師は忙しいから、学生の態度にイライラはする

その狭間で学校の先生も大変だと思ったこともある

脱線した(笑)

看護師の新人の最初の難関は採血や点滴だ

昔は、「どうぞどうぞ、練習のために自分の腕を使ってください」と

言ってくれた心優しい患者さんが多かった

今は、「新人はやめてね、私、血管が細いから」

わかる!!わかるよ!!でも細い血管を練習しなければいつまでも

新人は太い血管の若い男性しか採血や点滴ができなくなるんだよーーー

点滴や採血はこればかりは経験よりも性格に問題があるように私は思う

なぜか?採血や点滴には勢いも必要なのだよ

痛いかな?ここで大丈夫かな?と心配しながら・・・そしていつまでも

苦手意識が抜けない人はいつまでたっても点滴が苦手

採血や点滴が大好きだった私は(私は血管フェチです♡)

どんな細い血管でも刺しこなしてきた

それは高齢者が多く入院する病院で点滴を足の先から

行わなければいけなかったり、指先から採血しなければいけなかったの

経験を積んだことも大きいが、先輩看護師の技術を盗んで身に付けたことも大きい

 

ある日「立山さーん、どうしても点滴が入らなくて変わってもらえる?」

同僚の看護師さんに呼ばれた。患者さんの横には新人の看護師も立っていた

見ると両腕に綿花の花が咲いていた(笑)いや・・・笑い事ではないぞ

綿花の花とは、点滴や採血をした後に抑えるアルコール綿の事で

そのアルコール綿花が両腕に何か所も貼ってあった

おーーーい、何か所刺したんかい!

そしてその後サクッと1発で血管をとらえたのは言うまでもないが

看護師諸君、点滴の刺し直しは2度までにしておくれ

あとの看護師さんがもしベテランでもその刺しまくった血管の後に

無傷の血管を探すのは至難の業なんですから・・・

そう考えると昔から指先の感覚は人より鋭かったのかもな

血管の弾力を探し当てるのは得意だった(笑)

 

もし、新人看護師に血管を貸してもいいよという心優しい方でも

刺されるのは2度までにしてくださいね♡

 

 

こんな私の体質改善講座を受けてみませんか?

 

サロンで行う「体質改善個別アドバイス」を

小人数ですが講座形式で行います

その後、個別アドバイスが必要な方はお時間を取りますので

個別にアドバイス(有料)させていただきます

1月25日開催

体質改善講座@鹿児島~あなたは自分の体質を知っていますか?自分の体質を知って花粉症や風邪を予防しよう~

13:00-14:00 体質改善講座
1、東洋医学の体の仕組み
2、自分の体質チェック
3、それぞれの日常生活習慣の改善方法

14:30-15:30 個別アドバイス
1、14:30-15:30
2、15:30-16:30
3、16:30-17:30

講座代金:3500円
個別アドバイス:1500円(1枠1時間)

(初めての方で個別アドバイスのみ受けることはできません
1度個別アドバイスを受けた方で、再度受けられる方は
アドバイスのみ受けることは可能です)

体質改善講座@鹿児島~あなたは自分の体質を知っていますか?自分の体質を知って花粉症や風邪を予防しよう~

お問い合わせ・ご予約はこちらからどうぞ

 

アロマ雑貨の福袋もご予約制にて受付ております

詳細はこちらからどうぞ

12月いっぱいサロンでのアロマ雑貨などセールをしています

詳細はこちらから