私も昔そうだった

「誰かのために・・・」「誰かを癒してあげたい」

そして私は気が付いた

病気を治してあげたい自分がいることに

 

でも、病気を学んでいけばいくほど

人間というものを学べば学ぶほど

 

誰かを癒したり、治したりするのは

自分のエゴだと気が付いた

 

なぜなら、病気は自分の自己治癒力でしか治らないと確信したから

癒しも私が与えるものでなく相手が実感するもの

そこの溝はきっと一生埋まらない

 

あくまでもセラピストは相手に寄り添い

癒しや、自己治癒力のお手伝いをするだけ

私が治してあげようなんて、それこそセラピストのエゴだ

 

あくまでも私達は、相手の黒子なんだな

 

気づきと押し付けと混合しないようにと

いつも気を付けているけれど

それでも手探りで、悩みながら前に進んでいる

あくまでも依存にならないように

人が自分で、自分の足で歩いていけるように

あくまでもそのお手伝いをしているという気持ちを忘れないようにしたい

ふと思ったそんな夜

<現在募集中の講座>

2月19日アロマカードセッション

場所:鹿児島市天文館 Lumiére-ルミエル-

時間:11:00~15:00

アロマカード1枚引き 2500円 (アロマペンダント付)

アロマカード3枚引き 3000円(イベント価格)(アロマオイル付)

お申込み・お問い合わせはこちら から