どんな小さな企業でも

救命講習は国民の義務にするべきだ
常々私はそう思っています
昨日、買い物に行くと
入口で数人の人に囲まれて
中心でボーっとしている人がいました
店員さんが誰かと電話しながら
「糖尿病なんですか?」って聞いていました
開放している人の手に持っているのは
オレンジジュース
うーーん、これは低血糖症状か?
どうしようか迷ったけど
店員さんがパニくっている様子だったので
声をかけました
本人と会話をすると
頷きはできるけど声が出せない状況
この状況をレベルで言うとⅠ-3
画像はネットからお借りしました
脈もしっかりしているけれど
やや速くなってきている
オレンジジュースじゃ弱いな・・と感じたので
すぐに「ブドウ糖」を持って来てもらうように
店員さんにお伝えしました
少しパニックされていたので
薬局併設のスーパーでしたから
薬局にあるかもと付け加えました
薬剤師さんも来てくれたんですが・・一言
「ブドウ糖はおいてないんですよね」と
軽----く言われました
おのれ!!!薬局ならブドウ糖ぐらい置いとけや!!ムキー
と心の中で毒付き(笑)ながら
とりあえず救急車を待ちました
当初、本人が救急車を呼ぶことを
拒否していた様子ですが
ブドウ糖もない、本人のレベルがあいまいなので
病院で処置してもらう方がいいと判断しました
(生活保護を受けていたりすると
病院に行くことを嫌がる人もいるんだけど
この場合、命に関わるので救急車を呼びましょう)
ストレッチャーもない、車いすもない
横に寝かしたほうがいいですかね?と
聞かれたのですが、結構体格の良い方だったので
一度寝かせると動かせないなと思いましたが
徐々に意識レベルが落ちてきている事と
本人の痙攣が強くなりつつあったので
ダンボールをひいてもらい横にしました
脈と本人の意識を確認しながら
救急車を待っていましたが
救急車が来るのが待ち長い事・・・滝汗
ようやくサイレンの音が聞こえると
3人ほどの救急隊が来て
バトンタッチしました
帰り際、店員さんに
「こういうことは今後も可能性あると思うので
ストレッチャーか担架はお店に
準備しておくといいですね」と伝えました
本当はAEDの設置もお願いしたい
私、常々思っていますが
国民全員に救命講習は
義務化してほしいと思っています
自分の会社や道端で
人が倒れた時に助ける自信はありますか?
実は看護師の中でも
なかなか救命できる看護師って少ないんですよ真顔
事務の会社だから誰も倒れない?
若い人ばかりだから大丈夫?
コンビニの接客だから大丈夫?
最近は若い人でも糖尿病だったり
喘息だったりします
急に仕事中に倒れることもあります
絶対にない事はない!!
コンビニの接客中に
強盗に刺されたらどうします?滝汗
消防署では定期的に
救命講習を行っています
一般の方にもです!!
練習をしていないと
とっさの行動はとれません
その判断が人の命を左右するかもしれません
その場にいても立ち去りますか?
そんな責任は負えませんか?
もしかしたらあなたの勇気で
人の命が救えるかもしれません
あなたは人を助けられますか?
今日は少しだけ医療についてお話しました
看護師を辞めてもやっぱり看護師なんだな
腐っても看護師でした(笑)笑い泣き

<ゆかぷーの今後の講座案内>

<茨城・水戸で開催>

2019年4月21日

<ハーブ講座開催@茨城県水戸>

詳細はこちらから

<茨城・古河で開催>(満席御礼)

2019年4月22日<体質改善講座+個別アドバイス@茨城県古河>

詳細はこちらから

<千葉・佐倉で開催>

2019年4月24日

<体質改善講座+個別アドバイス@千葉県佐倉>

詳細はこちらから

<5月隼人サロンでハーブの蒸留体験>

5月7,9、15,16

ご希望の日にお申込みください

ハーブの蒸留体験とハーブで作る

お香体験ができます

蒸留したハーブ水はお持ち帰りいただけます

講座代金:4000円

講座お申し込みはこちらから

<鹿児島県霧島市で開催>

6月11日

~あなたの星座で作る~

【星座別アロマ香水作り】

体験料金:3,500円(税込)
制作時間:30分〜60分
事前予約無し。
当日会場にて直接お申し込みください。

日程が合わない方もご連絡いただければ

日程調整いたします。

どうぞ遠慮なくご連絡ください♡

アロマ初心者さん向け!!
「アロマ検定対策講座」
検定を受けない方でも参加できます
詳細はこちらから

 

 

サロンのHPはこちらから

http://lepetitbonheur.ciao.jp/

ご質問・お問い合わせはこちらから

友だち追加