「看護という字は手と目で護ると書くのよ」

これは昔、私が学生指導の時によく話した言葉の一つです。

この言葉は先輩看護師が学生に話していた言葉で、

完全に受け売りなのですが、その言葉を聞いたときに、

看護師としての基本に立ち戻る思いがしたものです。

以前、夜勤の時に終末期の患者様の背中をさすって

呼吸を落ち着かせたことがありました

その後患者様は亡くなられましたが、ひとつだけいえることは

私がさすってあげた手は、患者様の安心になったのではないかと

実際に呼吸が楽になったのかはわかりません

患者様が私の手を通して安心してくださり、

苦しいパニックから落ち着かれたのであれば、

私のしたことは自己満足かもしれないけれど、

すこしは患者様の役に立てたのかな。と思います。

看護の現場から離れ、アロマテラピーの世界に身を置いている私ですが

きちんとお客様の手を握ってあげる、体に触れることの大切さを実感します。

「看護という字は目で見て手で護ると書くのよ。」

看護の現場から離れた今でも

手で触れて、目で見てその人を護ることを心がけています