気逆って何?

昨日、facebookで「気逆」って言葉を書いたら

皆さん気になったみたいで、「気」の流れについてリクエストいただきました

私が提供しているメニューの「体質改善個別アドバイス」で

お話することなのですが・・・

人間の体は「気」「血」「水」でできているという

東洋医学の考え方です

「気」「血」「水」のバランスが保たれていることが健康の状態で

このうちのどれかでもバランスが崩れることで

病気に傾くと言われています

崩れるとは不足したり、巡りが悪かったり(循環が悪い、滞る)

することを指します

 

「気」の流れは中心から抹消に、または上半身から下半身へ

流れるのが正常です

「気逆」とは気の流れが普通と逆の向きに流れることを指します

「気」は足りているのに、「気」の向きが逆に流れるのです

要は「気」が空回りしているようなものです

気逆の時には気が空回りしているので

対策としてはゆっくりと深呼吸する、

声を出して「気」を発散するなどの対策や

食事などで改善できます

気逆の症状としては、

・顔のほてり感

・突然の頭痛や動悸・腹痛・咳

・焦燥感に襲われたり、物事に敏感になる

などです。

詳しくは「体質改善個別アドバイス」のチェックシートで

チェックしながら日常生活や食事についてのアドバイスをしています

ネットなどでもチェックシートが出ていますので

探してみてくださいね。