さて問題です!この花は何の花でしょうか?

答えはカモミール・ジャーマンでした♪
昨日鹿屋にある「ダマスクの風」に行って
カモミールの無料手摘み体験をしてきたので
そのご報告とカモミールの効能と
どうやって使うの?を書きたいと思います
カモミールはローマンとジャーマンがありますが
ジャーマンは1年草といって1年で花が咲いて枯れてしまいます
種で増えるので、咲いた後放置しておけば
種がこぼれて次の年にまた芽が出てくるかもしれません
ローマンは多年草といって、根が強いので
毎年楽しむことができます
今日収穫したカモミールは乾燥させて
ハーブティーにしたり(リンゴのような甘い香りがします)
チンキにしたり(アルコールでハーブの成分を抽出した物)
して楽しもうかと思っています
カモミールは精油ではジャーマンとローマンの効能が違うので
本日はせっかく取ってきたジャーマンのお話をしますね。
カモミール・ジャーマンの精油の効能
抗不安作用、抗炎症作用
※要は不安を取り除いたり、炎症をおさえる作用があるということですね
精油でいえば、ラベンダーなんかと相性がいいので、
ブレンドはお勧めです。
ハーブティでは消炎作用、リラックス作用があるため、
生理痛や冷え、不眠などの症状があるときにハーブティーとして
飲むとよいですね。
チンキでは効能はハーブティーと同じ
使い方は・化粧水を作るときに使用する(精製水などで薄める)
・飲み物に加える(成分が濃縮されているので、大量には飲用しない事)
・入浴剤として使用(お風呂にいれると薬草風呂に~♪)
今日から乾燥させているので、
ハーブティーとしてはまだ飲めませんが、
今月末位からサロンでお出しできるかもしれません
来月のアロマ講座はカモミールの化粧水作りにしようかな♪
どんな使い方をしようか今からワクワクします♪
一面のカモミール畑
カモミールの他にもハーブや花がたくさん

甘い花の香りがしてたんですけど、何の香りだったんだろう
店内の天井にはドライフラワーが一面敷き詰めてありました♪
灰がかぶっていたので、とりあえず洗浄してから乾燥します~♪