市販品がこんなにくさいなんて❗ポーンポーン

 

いやね、シャンプーの香りですよ

基本、石鹸で髪も体も洗う私ですが

時々、市場調査ではないですが

無添加というものを試しています

 

だがしかし!!

 

最近のシャンプーは香りが強すぎる!!

びっくりします

髪を乾かしてタオルを枕に引いて寝たところ

翌日のタオルにまで香りが移っていましたゲロー

 

「香害」

と呼ばれるものは

本人がいいと思う香りは

他人がいいと思うとは限らない

 

そして今は合成の香りであっても

天然の香りであっても

強すぎる香りは誰かの病気を引き起こすかもしれない真顔

ということを覚えていてほしいのです

 

私はアロマテラピーをお伝えしていますが

生徒さんやお客様に必ず伝えることは

 

強すぎる香りは天然であっても「香害」になります上差し

 

ということです

 

本来の香りというのは、ほのかに香ってこそ

その上品さを醸し出します

 

周りに迷惑をかける香りは

下品以外の何物でもありません真顔

 

ふわっと香る上品さを

もっとお伝えしていきたいと思いますね

 

先日もブログで書きましたが

強制的に空間にまき散らす

ディフーザー(芳香拡散器)も使い方次第では

健康な人の身体へも影響を及ぼします

香りをディフーズすることが安心だと思っている方へ・・・それ大間違いです

 

そして、昨日は公民館講座で

「アロマで認知症予防」のお話をさせていただきました

 

その中でもお話しましたが

強すぎる香りに慣れてしまうと

嗅覚が衰えていることに気が付きにくくなります

 

自分の身体の為にも

香りは自然に漂う香りを

お楽しみいただきたいと思います

 

そういう意味では

アロマテラピーはきちんとした知識のある方から

学ばれることをお勧めいたします上差し